お施主様との検査が大事

お施主様との検査が大事

皆さんこんにちは!
住まいるアドバイザーの長谷部です。
9月に入りましたが・・・まだまだ暑い日が続いてますね(;^ω^)
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は食欲の秋を目前に控え体調(主にお腹)を整えることに全集中しております。(ちょっと古いですね)


さて、山形市で1棟目のR+houseの見学会はたくさんのお客様に足を運んでいただき、R+houseの素敵な家を体感して頂きました。

W0915-1.jpg

私もずっと担当させて頂きましたが、大工さんはじめ業者の皆さんや社長、会社のスタッフのみんなの協力で何とか完成の日を迎えることが出来て胸がいっぱいでした。
本当にありがとうございます。


先日は2棟目のお客様宅の施主様との中間検査に同行させて頂きました。
A0915-1.png

皆さん、検査って本当に大事ですよ!
きちんと図面の通りに施工されているかももちろんですが、唯一施工途中にお客様自身がコンセントやスイッチ、造作の棚などの位置を
ご自分の目で確認して位置の調整が可能な場でもあります。

A0915-2.png

着工前の打合せで位置は決めても、実際の建物で確認するともう少し高い位置の方が使いやすい。
壁の側面に合った方が使いやすいなど、図面上ではわからなかった部分がいろいろ見えてきます。

本当に住みやすい家を目指すならぜひ、検査もただ説明を聞きながら回るだけではなく、
きちんと位置や高さなど使うときのイメージをしながら、確認をされることをおすすめします。

キッチンまわりなどもコンセントやスイッチの付くものが多いと思いますので、ぜひ、奥様も積極的にご参加下さいね。


■R+house山形北 https://www.r-plus-house-yamagata.com/

■Instagramにも施工事例があります R+house山形北Instagram